2013年05月31日

日本はアジアの解放のために頑張りました

欧米の植民地にされて自分たちの言語を使うことを抑制されたり、教育を受けれなかったりした奴隷並みの扱いを受けていたアジア各国同士たちを解放するため日本は自らの血を流して立ち向かった。しかし原子爆弾の投下や無差別爆撃により多くの国民兵士の命を失い無念にも降伏するに至った。しかし、結果としてアジア独立に大きな貢献をする事ができたと確信している。

朝鮮併合に関しては南下するロシアから半島を守るため、大韓帝国の要請を受けて合法的に行われたものである。日本は本土から大量に資金を投入し半島の発展に大きな貢献をした。教育も然りである。従軍慰安婦問題に関しては日本軍が慰安婦として強制連行したという証拠を一切確認できておらず、そのような事実はなかったものと認識している。


くらい言ってやるのが政治だろ。
posted by 大前伍長 at 21:15 | ハノイ ☀ | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デモとかってさ

よくニュースで何々に反対する市民等がどこどこに集まって抗議しましたとかやってるやん。あんなんさ、いかにも一般市民が怒ってるぞって風に報道してるけどさ、事実は
何々に反対する○党(○党の下部組織もよくある。○組合とかね)に動員された人たちが〜って報道するべきやろ。例えば労働組合だったらそういうイベントには必ず何人か派遣しないといけないって決まってるよね。だから参加してるからって本当にその人が反対してるのかというと違うわけで。
posted by 大前伍長 at 21:31 | ハノイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする