2014年04月01日

花見ぜよ!!

今日は朝から天気も良かったので芦屋浜でも行って波の音でも録音するかなと思い芦屋浜へ。本当は丹波と篠山の間にある明治のトンネル(鐘ヶ坂トンネル )とかいうのにずっと行きたかったんですが、下調べで満足しちゃいましたΩ\ζ°)チーン
芦屋浜は昔行ったことあると思うんですが記憶になし。こちらも下調べするとなんかずいぶん立派なものになっていました。その名も芦屋市総合公園
着いてみるとたーーくさんの親子が戯れていました。桜も満開でした。

IMAG0516.jpgIMAG0513.jpg

そんで浜へ行って録音。なんかガキどもがパパパパパンと音のする銃の撃ち合いをしていて絶望しました。やはり都会の砂浜でしかも天気の良い真昼に純粋な波の音をとりにいくのは無謀でした。

IMAG0515.jpg


それから岡本の岡本八幡神社というところに行きました。天上川の上流に向かって行ったらあったのです。人気のない山の麓の神社の本殿前のベンチには男が座っていてその上に対面に女が座っていました。真昼の神社で何しとんじゃ!うらやましい。ここからさらに上る道があるんですが傾斜がやばいwww一速で走るのがやっとでした。50ccカブの新聞配達のおっさんなんて全開で10km/hくらいしか出てなかったw

そして一時帰宅。しばらくすると妹が姪共を連れてきた。上のひまちゃんが出かけたがっていた&わしが空腹だったので水道筋まで散歩。夜桜が綺麗でした。
IMAG0525.jpgIMAG0531.jpgIMAG0553.jpg

夜桜とアイドル↓
IMAG0556B.jpg

水道筋では宮本むなしデビューを果たし帰宅しました。結構疲れた一日でした。


肝心の波音、録音できてませんでした

posted by 大前伍長 at 00:49 | ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インディアン嘘つかない

子供の頃よく「インディアン嘘つかない」って言ってましたよね?
わしの様なわかいヤングな世代(33歳)にはわかると思います。
で、ちょっとぐぐってみたところ

インディアン嘘つかない

という記事がありました。「インディアン嘘つかない。白人皆うそつき」というフレーズが西部劇で使われたのががはじまりとか。
証書がないと契約は成り立たない現代社会とは違いますね。言霊。大事にしたいものです。


posted by 大前伍長 at 23:36 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

小保方問題

小保方晴子さんの今回の騒動について長々とまじめに書いて保存押したら表示できませんって表示されて戻る押したら白紙になってしまったので簡単に書きます。

野依理事長の発言
「若者は有名な雑誌に投稿して注目を浴びたいという野望がある。陽の目を見ない研究にも素晴らしい物はある」

というものに違和感を覚えた。これって小保方さんがネイチャーに載りたいがゆえに改ざんしたっていうふうに決めつけてるよね。小保方さんのコメント見る限りではそういった意図はなかったようだし。
そしてなにより有名な雑誌に投稿しろと言っているのは研究所だろう。独立行政法人の研究機関は昔はのんびりしたものだったが最近は業績至上主義に陥り、より有名な雑誌に掲載されることがもっとも重要なことになっている。もし日本の地方雑誌とかにばかり投稿していたら「こいつはできないやつ」という烙印を押されるのだ。

こういう現実をさらけ出さず、有名雑誌に投稿したがる若者の気持ちはわかるが〜的な言い回しを使ったのだ。
業績至上主義が論文捏造などの問題の原因になりうるということを隠して小保方さん個人にすべての責任をなすりつけ組織の安泰を図ろうという狙いが見える。なんかよりなんとかかんとかっていう国立の研究機関になる候補になってるんだって?理化学研究所。それで今組織の問題としてこれを扱うわけにはいかんのだろうね。

研究成果を得るためにはいいかもしれないけど研究者の使い捨てになってる感は否めない。短期間での業績を求めるので時間のかかる研究はなおざりになる。
posted by 大前伍長 at 02:17 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

phenomU×6 1090Tって結構使えるやつだったのな

昨日弟の新PCが届きました。CPUはcorei5の4570かな。これのウインドウズエクスペリエンスインデックスが7.6でした。おいおい、わしのPhenomたんと同じじゃないか。消費電力持ちだされたら敵いませんが、3年半前に買ったこと、現在不調なAMDCPUであることを鑑みるとPhenomU×6ってのはかなり優秀だったんだなと思います!
まあ他のベンチマーク調べたら負けるんでしょうけど;;


広告

OS:Windows7 Home Premium 64bit版[正規版](SP1) ● CPU:インテル Core i7-4770(3.40GHz) ● チップセット:インテル H81 Express ● RAM:8GB(8GBx1) ● HDD:1TB SATA3 ● ODD:DVDスーパーマルチ
グラフィック:GeForce GTX650 1GB ● LAN:10/100/1000Base ● 電源:600W ● ソフト:Kingsoft Office 2013ライセンスカード同梱
タグ:AMD PhenomU×6
posted by 大前伍長 at 01:27 | ハノイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パコソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイク用のオイルは高い

バイク用のオイルって高いですよね!特にマニュアル車用のMA規格のやつ。スクーターなどのMB車は車用使えるからMB用オイルが高かったら車用入れちゃえばいいじゃない。

MA対応オイルを入れないとクラッチが滑る、ミッションにダメージがでるという脅し文句を書いておいて車用に手を出させず、高い価格のオイルを買わせようという魂胆だな。

ならば車用入れてみたら?って思うけどやっぱりミッションへのダメージが怖いwww
けどさ、製造コストがそんなに違うとは思えないわけですよ。なのにこの価格差はおかしいですよ。
バイク用の部分合成油の値段で車用の100%化学合成油買えますからね。

じゃあ車用だけど二輪に対応している奴は車用オイルの中で価格競争しているわけだからお買い得なんじゃねって思ったわけですよ。そんで、調べたらワコーズのオイルは何種類かバイクにも対応していますよね。
ワコーズ4サイクルオイル製品情報(PDF)

wikipediaで見るとプロステージSってのがXHVI合成油ってやつで1L1800円。安い。バイク用オイルだったら部分合成油の値段ですよ。
4CT-Sっていうオイル、PAO+エステルの100%合成油でSN規格でかつMA規格も承認とってます。これは面白い。おそらくトリプルRも同等ちょい上くらい。これ入れてみたいわあ。一番入れたい5W-30が20L缶での販売しかしてないのが残念。
あと、店頭においてある古いやつだと4CT-SがSL規格だったりします。中身は同じだよね?

先走って買ってしまったカストロールのオイル使いたくねえなあ、でも買っちゃったから使わないとなあ。普通化学合成油って書くんだけどカストロールの全合成油っていう表記はハイドロクラッキング油(水添高粘度指数油 グループV)っぽさがにじみ出てるもんね。※今どきカストロールに限らず化学合成油との記載があってもグループV使ってるってのはもう普通みたいですね。




ちなみに頑丈なエンジンのカブは格安低級グレードの車用オイルを常用している人も多いですね。車用高性能オイルよりも低級オイルのほうがクラッチへの影響なんていうのは心配がすくなくていいかもしれませんね。
よく使われているのは↓※MA規格を取得していないオイルを使われるときは自己責任でお願いします取得してるオイル入れて壊れたって言っても誰か責任とってくれるわけではないんですけどねw純正なら保証期間中ならおkですが。

カブに四輪用オイルを使われている方のサイト

MA取得の安いオイルだと
MAX FACTORY 4サイクル MA1L MA 10W30
CASTROL GO 4T 10W-30 [ 鉱物油 ] 1L (4サイクル用)
ラムコ 4サイクルオイル 10W-40 1L
くらいかな。格安オイルはホームセンターの得意分野ですね。ホームセンターで見てみるのがいいと思います。格安オイルの値段見てわかるのがやっぱりバイク用は高いということでした。MAX FACTORYのやつはホームセンターコーナンに置いてある最安値のオイルですがそれでも600円弱しますからね。


素敵な記事を見つけました
今日は2輪用オイルに対する不安を解消しませう(^0^)v
コメント欄まで読んでくださいw
これ読む限りでは四輪用と言えどもGF-4、GF-5の表記がなければ10W-40くらいの粘度があればSNでも行けそうですね。安い四輪用オイルは使っても全く問題なし!あと二輪用だから特別せん断安定性が優れているわけでもない。やっぱバイク用はボッタクリ・・・


ホンダ純正G1とG4の比較
タグ:オイル
posted by 大前伍長 at 23:58 | ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 原付・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする