2015年05月10日

2015年05月09日のつぶやき






posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

2015年05月10日のつぶやき










posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

2015年05月11日のつぶやき






























posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノートパソコンのCPU換装 ドスパラ Prime note Galleria MR6

この記事を見てCPU換装したけど起動しないんだけどとかそういう苦情やらは受け付けませんw自己責任でお願いします。

低スペックノートパソコンを手軽に低予算で快適化、高速化したい!!!!
そんな思いを持つ方は多いと思います。ノートパソコンの快適化での王道はメモリ増設またはHDDのSSD化だと思います。またはOSがvistaの方なんかは7に変えるだけでも結構軽くなると思います。
しかし、PCの処理の中枢といえばやはり中央演算装置(CPU)です。これをアップグレードできればPC全体のパフォーマンス向上が望めるはずです。ノートパソコンパソコンといえども条件さえそろえばCPUをアップグレードできます。
・パソコンのCPUがマザーボードに組み込まれているものではないこと。メーカー製だとマザーボードに溶接されちゃってて交換できないものが多いと思います。注文時にカスタマイズできるBTOのものですと、当然CPUもカスタマイズする人がいるので取り外しできるようになっている物が多いです。
・ソケット形状が同じもの。ソケットの形が違うとハマりません。
TDPが元のものを超えないこと。ノートパソコンはデスクトップと違って冷却能力も電源容量も余裕がありませんので発熱量が元のものを超えないようにしたほうが無難です。
・同じプロセスルールの物を選ぶ。違うプロセスルールの物を使うとBIOSが認識しない可能性があります。INTELのCPUだとプロセスルールが変わるとソケットも変わってると思うのでそこまで考えなくてもいいとは思いますが。

ということでやってみました。Pentium B950→ore i5 2520Mへの換装です。core i3はスコアがあまり伸びなそうだったのでパスしました。


今回使ったCPUはこれの中古。わしのPCで動いてるのでこれ使っとけばとりあえず動くとは思うよ。


i7でも動くらしいですがいかんせんお値段がwしかもTDP35W縛りだと2コアしかありません。



熱対策をなんとかできればこの辺り(TDP45W,4コア)行けそうですが。

posted by 大前伍長 at 11:51 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パコソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

2015年05月12日のつぶやき


















posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする