2017年01月01日

2016年12月31日のつぶやき


posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

2017年01月01日のつぶやき


posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

2017年01月02日のつぶやき




posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

2017年01月03日のつぶやき


posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マフラーって帯電するよねー

自動車やバイクのマフラーです。
熱電対という温度センサーがありますが、あれは金属が熱によって電圧を発生させる仕組みを利用しています。金属によって熱源へ電子を送り出すものと反対のものがあり、これを組み合わせることで電流が流れるようにします。詳しくはこちらどうぞ

で、排気管って金属じゃないですか。純正なら鉄でしょう。で、エキゾーストマニホールド部分はかなりの熱になります。エキマニ末端から排気口の温度差は400℃超えることもあるでしょう。相当あります。熱起電力はひとつづきの金属内の温度差で決まります。温度差が大きいほど大きい電圧を生みます。各金属が何Vの電圧を生むかについてはこちら
上記文献によると鉄は19μV/K、アルミニウムは3.5μV/Kで差し引き15.5μV/Kになり、マフラーと接触するシリンダーがアルミ製だった場合は1度ごとに15.5μ/Kの電圧を生じます。ただし、このときの2つの基準点は熱源側の金属接点ともう片方側の接点との温度差になります。

熱源側はエキパイとシリンダーの接点、もう片方はどこだろう・・
グラウンドかバッテリーになるかと思います。なので、途中色々な金属を経ているわけすのでこの計算通りの起電力を生じるとは思いませんが、仮にこのままの起電力でシリンダー接合部400℃とバッテリー端子部の温度20℃で温度差・・・
計算して悲しくなったからやめたwwww
数mVです起電力は。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

清和工業 アーシングケーブル(20sq)HEC-20-40 1本
価格:949円(税込、送料別) (2017/1/4時点)


posted by 大前伍長 at 23:10 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする