2010年06月04日

ゴツコラの抗酸化作用と細胞毒性

Antioxidant and Cytotoxic Activities of Centella asiatica (L) Urb.

The AE had a promising activity against mouse melanoma (B(16)F(1)), human breast cancer (MDA MB-231) and rat glioma (C(6)) cell lines, with IC(50) values of 698.0, 648.0 and 1000.0 mug/mL, respectively.

ゴツコラ抽出液の人間の肺がん細胞に対するIC(50)は 648.0mμg/mLであった。

どれくらいの量かわかりませんが、がん細胞の活性を抑えるって事ですかね。
posted by 大前伍長 at 01:13 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック