2010年09月11日

太陽光パネル設置で夏場涼しくならないのかな

現在のところ、太陽光発電のエネルギー変換効率は13〜17%。
すなわち、太陽光のエネルギーの13〜17%が屋根に当たって熱になるまえに電気に変換されるわけです。単純に考えて、太陽光の熱量が家に降り注ぐ量が減るわけですよ。

ちなみに植物の葉は太陽光の85%を吸収するらしです。酵素とか温度の影響も受けますが、かなりの熱をエネルギーに変換してくれるみたいですね。

ということは断熱効果を狙うなら、太陽光パネルよりも屋上緑化とか蔦を這わすとかの方がよさそうですねw
posted by 大前伍長 at 12:52 | 茨城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック