2010年11月05日

慢性期失語症へのピラセタム投与

大山 秀樹: 慢性期失語症に対するピラセタムの投与経験 . 高次脳研, 25: 297-305, 2005

スマートドラッグの王道と言えばピラセタム。日本では抗てんかん薬として承認されていますが、そのピラセタムの本来の使い方の症例報告ですね。
6例の報告で、3grから15grの投与。1grはおよそ64.8mgなので、だいたい250mg〜800mg/日の投与でどの症例でも症状の改善がみられています。
一例、性欲が出てきたという理由で服薬を中止した患者さん、なんかかわいそうなんですが><
この患者さんは中止後症状が再び悪化しています。

250mg〜800mg/日の投与でこれだけ効果が出るってすごいですね。

わしもピラセタムかその類似薬を飲み続けてますが、性欲は出ないな。。。
posted by 大前伍長 at 14:05 | 茨城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック