2010年11月12日

中国が日本に強硬な姿勢をとるほどに

日本の政府は逃げ腰になり、国民は半中意識を高めていく。

このままの状態が続くのであるならば、政権交代は必須。

中国はあまり日本に圧力をかけないことだ。
中国が危惧している右傾化は中国と朝鮮が引き起こしたものだということ。

それまでは日教組による完璧な左翼教育が展開されていた。

繰り返される謝罪と賠償の要求
明らかにおかしな歴史の主張

度を越したな日本いじめが反中に火をつけた。

さて、そろそろ人民元を引き上げてもらおうか。
あと、日本領海での殺人未遂に対する謝罪と賠償をしてもらわないとね。
タグ:中国 尖閣
posted by 大前伍長 at 00:53 | 茨城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック