2010年11月18日

ゴツコラ抽出液がiPLA2とcPLA2活性を阻害する

アジアコチサイドゴツコラ抽出液の主成分であるが、ゴツコラ抽出液を投与したラットの脳内のiPLA2とcPLA2の活性を阻害した。

PLA2は酵素でこれが活性化すると中枢神経に異常をきたす。

ゴツコラ抽出液がPLA2の活性を抑えたことから、てんかん、脳梗塞、神経多発硬化症や他の脳の病気の治療に役立つかもしれない。


Centella asiatica water extract inhibits iPLA2 and cPLA2 activities in rat cerebellum N.R. Barbosaa, b, F. Pittellaa and W.F. Gattazb,
タグ:ゴツコラ
posted by 大前伍長 at 13:03 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック