2006年06月07日

英語教育

英語教育を小学校5年生から義務化しようという動きがあるらしい。
わしも英語は喋れない。単語がわからん。これって今の英語教育のせい?違う。わしの語彙力の無さはわしが覚えるの嫌いだったから。
普通は英単語丸暗記、読む、文法問題。これが柱になると思う。高校はね。

じゃあ中学の英語教育はどうかというと、結構会話した記憶がある。
じゃあ中学の英語はそれほどおかしくないということになる。
時間は足りないかもしれんが。しかし、英語ばかりにそんなに時間を費やすわけにもいかない。

日常的に英語に触れる環境がないんじゃね?
せっかく覚えても、使うことがないからすぐ忘れる。
だから進歩しない。
例え小中高で英語をある程度話せる用になっても社会に出てから、大学に入ってから忘れてしまうだろう。
じゃあどうやって英語に触れるのか。
しらん。
わしにはわからんアホじゃけぇ

元記事

大前伍長になんでも聞いてみよう
posted by 大前伍長 at 21:20 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英語の前に正しい日本語を教えるべきだと思ったり
Posted by 砂漠くらげ at 2006年06月08日 16:21
日本語にしても、授業では正しいものを教えてるはずなんやけどなぁ
Posted by 大前伍長 at 2006年06月08日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック