2012年02月05日

対中ODA

表−4 我が国の年度別・援助形態別実績 (単位:億円)

年 度 円 借 款 無償資金協力 技 術 協 力
2009 年 −   13.08 (0.36) 32.62

無償資金協力と技術協力に約56億円


[世] 名目GDP(USドル)の推移(1980〜2011年)の比較(中国、日本)


すでに日本を抜いている中国に対して資金援助をする意味が全く理解できない。環境問題とか人道的な問題に重点を置いて政策を正当化しているようだが、それとて中国が自身の軍事費を削ってやっていくべき問題だろう。

中国が日本に友好的な国ならともかく、貧困層の問題、環境問題、医療問題などそっちのけで軍事拡張をし、日本を脅かしている国に援助する必要は皆無。むしろ国境を越えた環境問題を垂れ流し、人種弾圧を行っている非道を世界に訴えていくべき。



posted by 大前伍長 at 23:51 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック