2012年03月02日

睡眠薬で早死リスク増大の恐れ、米研究




とんでもない研究結果です!!!!

年間18回〜132回分の睡眠薬を飲んだ人の死亡率は対照群の4.6倍、年間18回分未満でも3.5倍以上だった

ただ、薬が原因なのか、薬を飲まないと行けない状態、症状が原因なのかは明らかにはなってませんね。
ということは、不眠を我慢して寝不足の状態で過ごすのと、睡眠薬を飲んで寝ること、どっちがいいのかはまだわからないということです。が、短期的な視点で考えると寝不足のほうが圧倒的に体に良くなさそうですけどね。

ちなみにWikipediaによると、

ベンゾジアゼピンの長期的悪影響には、精神的・身体的健康の一般的な劣化があり、時間とともに増加する傾向にある。誰もがではないが、しかし長期使用では問題が発生する。 副作用には認知障害だけでなく、情動と行動の問題、混乱の感情、建設的思考困難、性欲減退、広場恐怖症と社会恐怖の損失、不安や抑うつの増加、楽しみの追及と利益への関心の喪失、感情や経験の表現喪失がある。[5][56] さらに、自己と環境との関係の認識変化が発生する可能性がある。[57]

わしはデパスほどいい薬はない!!と断言しつつ飲んでました(最近は飲んでない)。
ひどい不安に襲われた時だけの頓服にしたほうがいいのですかね。飲んでいる人はお医者さんと相談してみてください。

睡眠薬抗不安薬に頼らないよう、心身の健康を保つことが大切です。

わしはうつを発症してから6年間飲み続けてるので不安です・・・
今は睡眠薬をやめてロゼレム(催眠剤、効果は睡眠薬ほどではない)という薬にしてもらっていますが、これも長期的に見て安全かどうかはわからないですね。



主なベンゾジアゼピン系睡眠薬、抗不安薬
セルシン、ワイパックス、デパス、セパゾン、コンスタン、メイラックス、セディール

主な非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、抗不安薬
アモバン、マイスリー

バルビツール酸系は現在使われる量は少なくなっているらしい。



posted by 大前伍長 at 05:50 | 茨城 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完治してから眠れないときにロゼレム飲んでみたら、起きた後も倦怠感一日中やばかったです。
ピーク時はすごくいい薬だったのにw


薬の長期服用はなんらかの悪影響があって当然だとは思うねー。
違法薬物の長期乱用もいいことないわけだし。
Posted by みく at 2012年03月04日 12:18
違法薬物は体に悪いから違法なわけでw
Posted by 大前伍長 at 2012年03月04日 16:04
これ私書きかけで忘れて帰ったのに書かれてる
おそろしい@@
Posted by みく at 2012年03月10日 04:25
大丈夫かいばあさん
Posted by 大前伍長 at 2012年03月11日 02:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック