2012年03月15日

赤肉食べると若死にするリスク高まる、米研究




赤肉を食べると循環器系の病気やがんによる死亡率があがるという。また、赤肉から他のタンパク源(魚、鶏、大豆、低脂肪乳製品、ナッツ、全粒穀物)に置き換えることで、このリスクは減らせるという。

鶏肉への置換で死亡リスクが下がるというのは鳥の脂肪酸中の不飽和脂肪酸含量が70%と高いからでしょうか。

原文要約(英文)はこちら



タグ:赤肉
posted by 大前伍長 at 19:33 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック