2012年06月01日

国益優先の考え方

研究者が研究資金を申請する際や役所が予算を申請する際、そのテーマはどう決められているのだろうか。

多くは研究者や役人の興味のあることが選ばれ、それからそれがどう社会に役に立つのか屁理屈が考えられているのではないだろうか。

理想は逆である。まず現状を見渡してなにが求められているのかから入るべきだ。


今日本で求められているのはなにか?

哲人による哲人政治か


posted by 大前伍長 at 09:15 | ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック