2012年06月12日

中国の環境汚染は甚だしく悪い



某予備校の漢文の講師が言っていた、廃棄油を使って調理しているものがあると。
都市伝説的なものだろうと思っていたら本当だった。排水管から油を組み上げて使っていたのだ。恐ろしい。

金になるならなんでもする。バレなければいい。
これは中国全土に蔓延する非モラル病だ。
儒教発祥の国の今は世界で最もモラルのない地獄と化している。

日本もこれを笑ってみているわけにはいかない。一番ひどいとされる大気汚染。この汚染物質は黄砂と一緒に日本に飛来するからだ。

環境対策をさせようとすると「先進国だけずるい」というが、対策をしないということは自国の人間を苦しめるということなのに、それよりも経済が大事だというのだ。それは日本も同じか。





タグ:中国
posted by 大前伍長 at 12:02 | ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック