2012年06月30日

大飯原発の直下に活断層!



直下に活断層があったとすると普通の耐震対策では物足りなくなってくる。
阪神淡路の時のように断層に合わせて亀裂が入ることがあるからだ。
もし亀裂が入り周囲の地面がそこに吸い込まれるように陥没したならば、建屋も一緒に吸い込まれることになる。

関西に住むものとして大飯原発の無い夏は苦しいものが想像できるが、原発周辺地域の安全を犠牲にするわけにはいかない。

わしはニートなので昼間は寝ます。





結露抑制 夏はヒンヤリ 冬はポカポカ 窓用省エネスプレー 寒い暑いその時
窓にスプレーするだけで簡単節電。

タグ:大飯原発
posted by 大前伍長 at 07:34 | ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック