2012年07月10日

やっぱりわしが悪いんじゃないよな

うつ病になりやすさ診断みたいなのやったけどわし別にうつになりやすい性格じゃないんだよな。真面目じゃないし几帳面とは程遠い。70%の男と自称するくらい。70%くらいに到達したら満足してしまうタイプ。

思えばうちの研究室にきた大学院生は(上司が大学の外部教授をやってた)ここはひどすぎるって言って逃げていったし、取引先の社長の息子さんも研修に来たんだけど上司の扱いに怒って結果をまとめずに帰っていった。

わしの場合さらに研修生とか留学生の面倒までほとんど一人で見させられてたし(入社2年目でだ)、上司が取ってきた研究費付きの研究は丸投げされるわさらに研究所の若手育成用の研究もさせられるわ、上司の命令で会議で資料作って実験方法の説明したら部長になんであんな発表したのかと怒られるわ、上司の方針で実験装置の扱いはまったくさせてもらってなかったのに部長になんでまだできないんだみたいに嫌味言われるし。絶対あの環境おかしいわ。
で、わしの実験2つ同時期に始めさせられるし、留学してきてたインド人の実験も同時だし、同じ研究室の研究員も同時に実験始めるからだれも手伝ってくれんし逆に手伝わんといかんし。
丸投げされた研究は実験方法自体が研究所内では確立されてなくて調べながら手探りでやってかんとあかんし、若手研究もわし一人でやるとか初めてやし実際なにをどうすれば(実験動物の調達とか場所の確保)いいかわからんし。である日いきなり怒られて、現場に手配をしに言ったらそこでも怒られるし。

実験は文献読んで詳しい方法がわからんまま徹夜でやってたよ。数時間かけて処理してうまくいかない(丑三つ時になる)絶望感。そこから片付けて帰れるのは5時過ぎてるわ。帰るのもめんどいから仮眠室で仮眠とって9時からまた働くとか普通にやってたし。しかも残業代の枠が半年単位で決まってんの。残業してもしなくてももらえる額は同じ。月々にしたら1万ちょいですわ。

動物使ってるので土日も関係なく餌やり糞尿掃除。みんな実験やってるので交代でっていうのもできない。

っていう状況を復職する際に新部長に全部メールで送ったんやけどどうも周りには伝わってないっぽいな。
馬鹿な研究所は面接の際にうつにならない人を選ぶようになったらしい。同じ状況に置かれてみろ誰でもなるわ。

で、上司はわしが休職に入ってから「どうも最近彼女と別れたらしい」って周りに言ってたっぽいね。おかげでわしのうつはそのせいってことになってるけどさ、違うと思うよー。あんまりショック受けてないもんな。
タグ:うつ
posted by 大前伍長 at 23:55 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック