2012年07月28日

GABAの摂取で成長ホルモンの分泌が促進する

GABAと体内代謝に関する研究

上記によるとGABA投与によって脳内神経伝達物質に変化があり、リラクゼーション作用や抗ストレス作用があるだけでなく、成長ホルモンの分泌を促進するらしい。成長ホルモンの分泌が促進されると体内の代謝が高まるので、そのエネルギー源として脂肪が使われる可能性があるということである。当然血糖も使われるだろう。

また、成長ホルモンは筋肉をつける方向に働くので、脂肪を減らしながら筋肉を増やすという目的を達成する助けになる可能性がある。

でも上記の実験ではありえない量のGABAを投与しているわけですが。




posted by 大前伍長 at 03:45 | ハノイ ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック