2012年09月18日

日本企業が襲撃されても日本の責任らしいよ



日本の企業が暴徒に襲撃されてもそれは日本の責任だという。もし日本で中国企業が襲撃されたら中国政府が責任を取るのだろうか。
日本企業が襲撃されても中国に責任はないので勝手にしてくれといっているようにしか聞こえない。もし日本で同じ事が起こっても文句は言えないだろう。

まあ日本はおとなしい気性をしてるので暴動が起こるとかは滅多にないことでしょうけどね。

中国は長い間反日教育によって国民を洗脳してきた。もし、他国が次の標的になったとしたら同じことが起こらないと言えるだろうか。安い人件費につられて中国に進出することは大きなリスクを伴う。

China has been brainwashed by the people for a long time anti-Japanese education. I would say the same thing will not happen was if other countries has become the next target. Advancing to the low labor cost in China is hung with a big risk for the company.


タグ:中国
posted by 大前伍長 at 01:07 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック