2012年09月30日

民主と自民



自民党は衆院解散を急がせるが、今の自民党と民主党の違いってなんだろう。
消費税増税は野田氏のほうが安倍氏より積極的だろう。立場が逆転している。
外交に関してはどちらも対中韓に関しては以前の自民党外交のような弱腰はしないだろう。ただ、野田首相は訳の分からない協調を取ろうとする。意味がわからない。親書を送ってみたりして突き返されたり。

原発問題に関してもどちらも原発依存を減らしていくという流れだろう。
なにが違うのか。


次の選挙では自民党が勝てると自民党は思っているのだろうが、あくまでも消去法的な選択だということ。
民主政権になるまえの自民党は明らかに左寄りの売国政党だった。自民がやってきた結果が今の中韓関係につながっている。そこのところを反省している素振りが見えないのだ。
そういえば自民の亡霊野中広務が中国の番組で中国に謝罪したらしいね。本当頭がオカシイ。その発言がどれだけ日本に不利益をもたらすのか考えて欲しい。自分の罪悪感にしたがって国を不幸に巻き添えにするのは政治家ではない。


ただ、竹島を韓国と共同管理するといっている政党はいいや。




posted by 大前伍長 at 18:13 | ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック