2013年02月02日

花火積んだトラックが走行中に爆発、26人死亡 中国高速



花火を積んだトラックが突然爆発→地上30mの橋が長さ80mに渡って崩落。
まず花火を積んだトラックが突然爆発することがありえない。危険物を搭載しているのでそれなりの安全対策が必要な気がするが、そこはまあ中国ということなのか。摩擦熱で引火でもしたのかな。
ついで爆発で橋が崩落したこと。どうなってんの?そこもまあ中国ということなのか。

この高さの橋にこの頼りない橋脚がこの間隔でついてるってどうなのかな。日本の橋ならもうちょっと頑丈そうな気がするけど。あと、画像を見る限りだと隣にもうちょっと頑丈そうな建築中の橋脚が見えますね。新しい道路を隣に建設中なのかな。ということはこの道は結構老朽化もしていたのかも。
posted by 大前伍長 at 02:21 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック