2013年02月06日

中国海軍艦が海自護衛艦にレーダー照射



これあとちょっとで武力衝突ってとこまでいってるけど、それに対する中国側の反応は
「報道があるまで知らなかった。」

これが本当だとすると軍の暴走が始まっているということであって、軍が独断で武力攻撃を開始する可能性がある。人民解放軍は沖縄も中国の領土で、これを日本から奪還せねばならないと息巻いている。暴走に大いに注意しなければならない。

アメリカが尖閣は日本の施政下にあって日米安保の適用範囲に入ると言ったからって自国の防衛を他国に頼るわけにはいかない。中国になめられない程度の軍事力は持ちたいところ。
タグ:中国
posted by 大前伍長 at 22:14 | ハノイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック