2013年03月01日

日韓関係改善の必要はあるのか



日韓関係を改善するには日本側が誤った歴史認識を受け入れて韓国に謝罪(おそらく賠償も)することが必要だという。これまでの韓国のスタンスを継承しているが、一日本人としては韓国との関係改善の必要があるのかと考えてしまう。
当然韓国側も日本と仲良くやっていこうという気など毛頭ないだろう。歴史を餌にして外交を有利に展開したいだけだろう。その証拠に盧武鉉政権時代には日本を仮想敵国にしたいという提案を米国に対して行なっている。

韓国・盧武鉉政権が日本を「仮想敵国」に 05年当時、米に仰天提案していた

わしのなかでは当然韓国なんていうならず者国家は仮想敵国の位置づけであるが、国家が外交の場で日本を仮想敵国にしようと提案しているのだからこれは本物だ。中朝に対抗するために韓国と手を結ぶ必要がある?韓国なんて役に立たないですよ。それなら台湾をもっと大事にするべきだし、ロシアとも関係を改善していくほうが有効な気がする。

対馬から盗まれた仏像を裁判所が「日本への返還を差し止める」という判断をするおかしな国です。反日ならば法律も味方しますということですよねえ。


※どうも韓国人の仮想敵国は朝中日米らしいですよ。
どういう思考が韓国を支配しているというのか。




Buddhist statue stolen in Japan, found in South Korea stirs controversy
Stolen Buddha statues found in South Korea may not be returned
タグ:韓国
posted by 大前伍長 at 12:12 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック