2013年05月19日

3KJキャブ分解洗浄とオーバーフローとプラグで圧縮比向上計画

ギアオイルを変えてから好調なJOGだが、どうもキャブからガソリンが漏れているくさいので開けてよく締めようと思った。ついでにちょっとエアフローの邪魔になりそうなところ削ってみようと思った。
とりあえず分解してパーツクリーナで洗浄。吸気側の入り口の突起部分を安物リューターで削ってみた。全く削れないので断念した。バスコークという素敵液ガスで封印してそのままバイトの疲れで意識飛んでました。
翌日るんるんでキャブを組む。7時。
途中、わしの別荘の向かいの家のおっさんが来て(過去怒鳴られたりクレームが来たりした人)楽しそうに話していった。原付好きな人だった。でまあエンジンかけたんですが、アイドリング始まってすぐに止まる。明らかにガソリンが濃い。なんでえええよおおお。おっさんは「かぶってるな。プラグ濡れとんちゃうか。マフラーつまっとるとか」って言ってたけどマフラーは綺麗な自信がある。それにしても煙すげえ。
キャブを見たらガソリン漏れてる。もっかいバラす。丹念に洗う。フロートバルブの辺も洗う。
組む。
今度は滴りおちてる・。・・

最後のあがきでもっかい洗ってみた。あ、直ったかも。
フロートバルブ外して燃料チューブ側からパーツクリーナ噴射でなんとかいけたらしい。キャブ削ったりするからだよ!ばかめ。
終わったの12時www

976389_477919185614387_1335692835_o.jpg964857_477919082281064_1388771905_o.jpg
ここまで外装はがしたの初めてだったりする。ここまでできたらボアアップとかスワップも余裕だね!!!

昼間買い物行って薄暗くなってからプラグを交換。純正サイズより一回り長いプラグを使って圧縮比をアップさせよう作戦。
これ簡単でトルクアップするからいいね!!
坂道ちょっと強くなったかも。

JOG 3KJ8の純正はBPR6HS(過去イリジウムプラグだと最後のSがIXになる)かな。これをBPR7ESに変えてワッシャーを3枚はさめばok。詳しくは↑のリンク先見てね。あと圧縮比上がるからハイオク入れるのが無難。


タグ:3kj jog
posted by 大前伍長 at 23:39 | ハノイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 原付・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック