2013年10月18日

がんの主要な原因は大気汚染、WHO



大気汚染ががんの主要な原因とされました。特定の物質ではなくて大気自体の汚染度ですかね。となると、空気が悪いと感じるところはやばいところとなりますね。主要道路沿いに住んでいる方は発がんリスクを高めていることになりますし、九州の人なんかは汚染大国中国から届く汚染された空気でがんのリスクを高めていることになります。
より一層の環境対策を国が進めていかないといけないですね。民家や工場へのソーラーパネル設置や電気自動車、燃料電池自動車などへの助成をもっと積極的におこなったり工場の排ガス対策も進めるべきです。
中国の大気汚染についてはもっと非難をしていかなければならないでしょう。

posted by 大前伍長 at 02:54 | ハノイ ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック