2014年01月19日

小野田寛郎氏死去



終戦後もフィリピンのルバング島で戦い続けた小野田寛郎氏が16日になくなっていた。わしが小野田氏を知ったのはつい最近のことですが、「わがルバン島の30年戦争」という著書は興味津々で読ませてもらった。
戦前の日本の魂を持ち続けてた人だと思います。わしもあんな忍耐力とか欲しい。

戦後30年ルバン島で戦い続け、帰国したら大騒ぎされ、それから軍国主義者としてマスコミからバッシングを受け続けブラジルに渡って農業をするとなると今度は日本を捨てたとバッシングを受け。
マスコミという非常に大きな影響力を持った組織がなにも悪いことをしていない一国民を攻撃するとかいじめだと思いますけどね。

小野田さんありがとうございました。

29年間戦い続けた「その後」の小野田寛郎さんから学ぶ、人間の在り方(NAVERまとめ)
タグ:小野田寛郎
posted by 大前伍長 at 01:51 | ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック