2015年05月06日

神戸市中央区、灘区の銭湯

震災でぶっ壊れた電気温水器を震災後入れ替えたわけですが、それももう20年。付近の電気温水器もぶっ壊れ始めているようで、うちのもお湯が出なくなってしまいました。しかもタイミング悪くゴールデンウイークの連休前にです。
仕方がないのでここ数日何件か銭湯を回りましたので軽くまとめてみます。


灘区
灘温泉 水道筋店
ナトリウム – 塩化物・炭酸水素塩温泉
駐車場あり。入り口が狭くてわかりづらいので注意です。
もうめっちゃ大人気。炭酸がバフバフ入った天然温泉。特に人気なのが源泉を加温、消毒等一切せずにそのまま掛け流してるその名も「源泉」という浴槽なのですが、芋の子を洗うような状況でちょっとGW終盤は行く気になれず。GWだけじゃなくて普段から開店時間全般で混雑。朝五時開店なのですが5時にいても結構人がいて大変なにぎわいです。
リンスインシャンプー、ボディーソープ置いてあります。
入浴料420円、サウナ別料金。
シャンプー、ボディーソープがあり、入浴料+80円の寄り道セットというのがありますので手ぶらだけど温泉入りたい!!ってときはここはお得です。


篠原温泉
ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉
駐車場あり。
灘温泉水道筋店から東にちょっと歩いたところにある温泉。こちらも天然温泉。場所は近いが泉質は違って、炭酸はそんなに入っていません。濃いー重曹温泉でとろみがあります。こちらも源泉そのままの浴槽がありますが、2人程のスペースしかありませんのでゆっくりと浸かり続けるということは難しいかな。
サウナ無料(男湯は遠赤外線、女湯はスチーム)。
420円。


ふじ温泉
駐車場は枠内に止めてくださいという張り紙があるのですが、どこにあるのか不明。ひょっとして薪の山の一角に開けられたスペース?w→温泉の入り口前の道挟んだところにありましたwマンションの北側です。
準天然温泉と書いてあるが準の意味がわからないw
ラドン温泉が温泉?
→入ったとこ、受付の隣にでかいラドン発生ユニットという機械があってそれで人工的に作ってる模様。
あとは人工炭酸泉もあり。炭酸泉はちょっとぬるめくらいで人口密度の割にはゆったりとした作りになっているのでおすすめ。
というか、ラドンを浴びるにはこの辺ではここだけだと思うのでラドン温泉に放射線を浴びに行ってます。
混み具合はぼちぼちで、ゆったり入れるレベルです。時間帯によるとは思いますがw自分が行ってるのは昼過ぎです。土地柄このあたりの銭湯は刺青タトゥーの人が多いのですが(絡まれたりとかはないですよw)、ここは珍しく刺青の方は入浴禁止です。
スチームサウナ無料
入浴料360円。この入浴料が目玉w


六甲おとめ塚温泉
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉 
灘温泉と同じ炭酸系の温泉。こちらのほうが温度高めです。湯量がものすごく、露天風呂ではドパドパ吹き出しています。源泉垂れ流しと書かれていますがまさに垂れ流し。浴槽も広くていいです。ただ、脱衣場から浴室への扉を開けるとそこは階段。2回にはジェットバス、3回に温泉とサウナと露天風呂(垂れ流し)。滑りやすいので気をつけてください。
サウナ350円。
入浴料420円。


中央区
宮本温泉
地下水?
駐車場なし
エレン活性水素風呂という文字に惹かれてていつか行ってみたいと思っておりましたが、ついに潜入することになりました。
今話題の水素水をエレン鉱石とかいうやつで作り出しているお風呂ですね。本当にそれが機能しているかはわかりませんがwちゃんと機能していたとしたら活性水素風呂ということになります。機械で電気分解して〜ていうんじゃなくて鉱石だから壊れることはないか。
ここほどシンプルな銭湯は見たことがありません。
ひろーい浴室のどまんなかに浴槽が1つ。その浴槽の真中が区切られていて深いのと浅いのがあります。深いのはわしの身長(177cm)で胸まで、浅いのは寝転がれるレベル。お湯はとても綺麗です。透き通っています。
ここの最大の売りは水素風呂ではなくて空いていることです!がらがらです。わし以外にもう一人いるかいないかのレベル。
入浴料420円。
あと外壁、脱衣所にちょっと大○川隆法さんのお話とか本がいっぱいありますが、勧誘とかはないのでw
ストリートビューなんかお客さんだけじゃなくて政治ポスターの顔にまでモザイクかかってますね。



今日はGW最終日でした。そして17時まで昼寝をしてしまいましたので混んでるかもしれないなーとふじ温泉に行ってみたらバイクを止めるスペースがなかった=混んでたということで、篠原温泉→灘温泉(空いてるはずがないw)→宮本温泉と回って安定の快適スペースに落ち着きました。浴室入り口のドアが重くて閉まりにくいのでちゃんと閉めてくださいね!
posted by 大前伍長 at 19:07 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック