2015年07月01日

10W-40のエンジンオイルを連続で入れたらアイドリング中にエンストした

前回使用したオイルはプルタミナ ENDURO 4T RACING 10W-40というインドネシア国営企業の全合成油でした。成分は問い合わせたけど返事なしのやつです。その前はRoyal Purpleの普通のやつとHPSの5W-30を混ぜたやつだったかな。で、今回はRoyal Purple Max Cycle 10W-40。現行のスーパーカブ110のエンジンは1Lオイルが入っていて、オイル交換で抜けるのは800mLということになっていますが、多分同じエンジンのスーパードリーム110は上から抜いても下から抜いても600mLくらいしか抜けてないですね。ということで、オイル交換をしても60%しか入れ替わらないということで、前のオイルの特性もそこそこ引き継ぐということになります。なので5W-30を数回入れ続けていた時のエンジン内のオイル粘度は5W-30、そこにオイル交換で10W-40のオイルを入れると、5W-30:10W-40 = 4:6となりまして、8W-36となります。まあ結構硬いですねw そんでそのオイルの状態でさらに10W-40に交換すると、9.6W-38.6となり、結構かなりもはや10W-40になります。2000,3000kmごとの交換ならオイルの粘度も結構落ちてきてると思われるのでいいかもしれません。わしはだいたい1000kmで替えてるので硬いままですね。

何が言いたかったのかと言いますと、10W-40を一回だけ入れてそれで「お、推奨粘度より硬いけどいけるやん、これでエンジン保護性能も上がってなかなかいいんじゃね?」って思って連続で入れるとアイドリング中にエンストしたり始動性が悪くなったり燃費が落ちたりしますよって話でした。
カブでそのオイルの特性を評価しようと思うと2回は連続で入れないとかなりぼやけちゃいますねー。

次は在庫のカストロールの5W-40入れるか先日買ったRoyal Purpleの10w-30入れるか在庫のroyal Purpleの5W-30(車用)入れるか悩むう〜。



posted by 大前伍長 at 19:15 | ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 原付・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック