2016年07月07日

水槽の濁りに乳酸菌製剤

親父曰わく「砂利とか水草とか入れると水が汚くなる。上部濾過だけで十分。わしの長年の経験からそういう結論に至った。」
と。わしの記憶が確かなら彼が自分で熱帯魚の世話をしてたことはないのだが。

そしてその水槽がどうなっていたのかというと、白濁。濁りすぎてヤバかった。15歳を越えるプレコまで死んでしまう。
こっそりバクテリアを入れてみたりしたが改善せず。

そこで、乳酸菌製剤を一錠入れてみた。パンラクミンだったかな。そしたらかなり綺麗になった。エビオスでもいける。

自分の金魚の水槽にもエビオス入れてみたら和金が飲み込みやがった。でも彼は生きてます。
【動物の最新記事】
posted by 大前伍長 at 17:45 | ハノイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック