2016年07月21日

日本でアルコール対応車が普及しない

ブラジルではエタノール100%で走る車もあるというのに日本では全くと言っていいほど対応していない、もしくは対応を大々的に宣伝するということがない。
まず、一因として考えられるのがガイアックス問題。わしが学生の頃に現れて一気にぶわーっと広がったと思うと石油、自動車政府から大々的に叩かれて潰されてしまいました。ガイアックスというのは天然ガスから作ったメタノールを結構な濃度で混ぜていたもので、ガソリンではないので揮発油税がかからないためリッターあたり20円位安かったと思います。
環境問題やらに興味があったわしはできるだけガイアックスを入れるようにしていました。2ストのスクーターにも入れたなー。その効果はというと、高速燃費が1〜2割ダウン、冬場は始動性が低下。というくらいか。コスト的にはレギュラーよりややいいかなといった感じ。
ただ、ランプとかで灯油、ベンジン、アルコールと燃やし比べてみればわかりますが、アルコールは燃やしても煤がでない。なので給排気系の汚れ対策には非常に良いと思う。排気ガスも綺麗だし。ただ、空燃比が変わることで触媒による窒素酸化物除去能力が落ちるのでNOxの排出量は増えると政府は言っているが。触媒のことを考えなければNOxも増えない。
さて、人気を博したガイアックスだが、法律でアルコールの混合は3%までと決めてしまった。のさばられると税収が減るからね。3%という数字がそもそも低過ぎで、後に10%に改正されるがそれでも低い。

自動車メーカーはというと、アルコール燃料を入れるとアルミやゴムが侵食されて最悪の場合燃料が漏れでて発火すると騒いだ。実際燃えたんですよ。オデッセイだったかな。ホンダとガイアエナジーで戦ってたの。けどさ、どれだけの車が入れて何台が発火したのよ。ガソリン入れてる車だって燃料漏れて発火ってあるからね。首都高でフェラーリが炎上してる!とかたまに見るし、石田純一も首都高でフェラーリ燃やしてるし。

とりあえずアルコール燃料に対してさんざんネガティブキャンペーンを張ってしまったのでなかなかアルコール対応車ってのは出しにくいわな。アメリカとかブラジルでは日本車メーカーもFlex対応車っていってアルコール対応車出してるからね。

あとハイブリッドカー売りたいってのもあるんだろうな。ストップ&ゴーの多い都市部ではハイブリッドシステムは不利。充電量と消費量の割合が非常に悪い。燃費も伸びない。田舎道を走ると威力を発揮する。わしは初代インサイトに乗っていたが地方都市部でリッター18km(冬場は16km)、田舎で30km超だった。

話がそれてる。

もう一個の要因は、アルコール(バイオエタノール)も輸入に頼らざるを得ないという点。今のバイオエタノールはとうもろこしやらサトウキビやらと人間の食べ物になるものから作っているのであまりエコではない。あなたがガソリンに混ぜているそのバイオエタノールをとうもろこしのまま貧しい国の子どもたちに食べさせたら何人の命が救えるのか。という問題ね。なにがエコか。で、製造コストも高い上に輸送のコストも掛かる。輸送に燃料も使う。全くエコではない。ただ、石油の残量が限られているのでその寿命をのばすという意味はある。

牛のルーメン液とかうさぎの糞とか売ってさ、みんな家でそれとビール酵母を種にして生ごみとか植物とか発酵させてエタノール作ればいいよ。糀作ってもいいし。

戦争中の日本軍はアルコールを燃料に混ぜて飛行機(旧式飛行機は飛べたらしい)を飛ばしてた。いろいろ研究してね。ゴムやアルミの腐食にはジブチルアミンや亜ヒ酸ナトリウムを添加するといいとかアセトンを加えると揮発性が改善するとか。ここみるといいよ

このサイトには終戦時の陸海軍の航空機燃料の備蓄量が載っているが、低質ガソリンに泣いたと言われている誉エンジン(100オクタン価を想定して設計)、大戦後期には91オクタン価ガソリンと水エタノール噴射でオクタン価100程度の性能は得られていたみたいですね。結局工作精度と使いふるしのアメリカ産自動車用エンジンオイルをろ過したものを使っていたのがあれなのかな。ってまた逸れた。アルコールも備蓄されてるっていうのが言いたかった。あれ、水メタノール噴射用のメタノールは燃料にカウントされてないのかな。


さて、ついでのついでに水メタノール噴射が出てきたので。低オクタン価の燃料でブースト圧を上げていくとノッキングが発生するので気化器過給器のタービンの羽根から水とメタノールを混ぜたものがファンの回転の遠心力によって噴き出るようになっていました。メタノールは高空で水が凍らないようにするために混ぜたらしい。で、水を噴射するとノッキングが防げたんですね。
という知識があるとこの記事

水とガソリンを混ぜて燃費とパワーを向上。水混合燃焼システムを発表

も面白く読めます。これ、燃料系統錆ないのかな。。。



posted by 大前伍長 at 23:05 | ハノイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 水 and/or アルコール混合燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック