2016年08月03日

ガソリン車へのエマルジョン燃料って意味あんまなかったかな

軽油、重油でエマルジョン燃料の研究が盛んなのは軽油と重油の沸点が水より高いため、これらに囲まれた中の水滴が先に沸騰して爆発することで燃料が微細化されて酸素との接触面積が増えることで燃焼効率が上がるのですが、ガソリンの場合多くの成分の沸点が水より低い。よって微爆発による効果は余り望めない。

ただし、水が蒸発するときに熱を吸収するので冷却効果はあるし、水滴が燃焼室に入って圧縮されるときに温度上昇によって蒸発することで大きく膨れるので圧縮率も上がるのかな。。これは圧縮の際のエネルギーのロスも増えるということになるかと思いますが。

完璧な油中水滴型エマルジョンが形成されていないと金属を腐食させますし、素人はやっちゃだめ。

あとわしのカブ(スーパードリーム110)のようなキャブレター車にも入れちゃダメ。キャブレターで水分の気化が少なくてガソリン部分が先に蒸発していく→減った分エマルジョン燃料が供給される→キャブレター内の水分が高くなっていく→燃焼ガス供給量が少なくなってきてだんだん希薄燃焼になってくる→アクセルを回すといきつきを起こし始める→止まる。
という事になります。キャブレターの底に溜まった燃料を捨ててみると高水分のどろっどろの白濁液が放出されます(それでも均質に乳化されていた)。すてればまたしばらく走りますがw
本当に良く微細化できたエマルジョンならいけるのかもしれない。
ということで結構優秀なエマルジョン燃料はできたので(一晩放置しても分離なし)、インジェクター車の方で試したいという方がおられましたらあげますwwwwww


次はアルコールとガソリンでエマルジョン作るかな。アルコールの腐食性を界面活性剤でカバーできる。しかもアルコールは沸点低いから微爆発もあるかも。界面活性剤もすすの残らないようなの探さないとな。
posted by 大前伍長 at 09:48 | ハノイ ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 水 and/or アルコール混合燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック