2016年08月10日

湿潤せる二酸化炭素に無光放電を行ひて

酸化炭素及び二酸化炭素と水素との反應に就て

水蒸気と一酸化炭素または二酸化炭素に紫外線を当てるとアルデヒド、一酸化炭素、二酸化炭素、酸素を生じ、水素、CO、CO2に紫外線を当てるとアルデヒドと酸素を生じる。

湿潤せる二酸化炭素に無光放電を行ひて、アルデヒド、エタノールを得たり。

高温度下
95-100℃で鉄、ニッケル、コバルト触媒存在下において水素と酸化炭素からエチレンとメタンを生じる

250-300℃ではメタンを生じる。


スパークプラグの放電効果はいかほどかはわからないが、水噴射またはエマルジョン燃料をガソリン車で使うと多少はなんか起こってそうな気がする。
posted by 大前伍長 at 12:09 | ハノイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 水 and/or アルコール混合燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック