2016年08月17日

アルコールによるアルミ合金、ゴムの腐食

プラスチック, 金属, ゴム材料に新燃料が及ぼす影響

アルコールがなんでアルミ合金を腐食させるんだ、と思っていましたが上のやつを読んで納得。
アルコールは酸化されやすく、メタノールはホルムアルデヒドを経てギ酸に、エタノールはアセトアルデヒドを経て酢酸になる。酸性物質になる。これが金属やゴムに触れると腐食させていくことになる。
今のエネオスやらコスモやらがやってるバイオガソリンはアルコールにイソブテンをくっつけたETBEというエーテルなので大丈夫でしょう。水溶性が低いので酢酸になっても酸性にはなりにくいですし。大丈夫だから入れてるんだろうし。

個人でアルコールを勝手に添加するのが危ないですね-。防食剤とか入れないでしょうから。
防食剤は金属表面に膜を形成して水やらアルコールやら酢酸やらが直接触れないようにしてくれるやつね。
posted by 大前伍長 at 22:19 | ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 水 and/or アルコール混合燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック