2017年04月02日

カブのタイヤ側面のヒビ割れに靴底補修用のゴムを塗りこんでみた。

ベトナム製のタイヤはすぐヒビが入るとのことで有名ですが、わしのYOKOHAMAのベトナム製タイヤも交換直後からヒビが入り始めました。紫外線に弱いんだろうな。

前のタイヤの時黒ゴム接着剤を埋めてみましたがその部分だけ水をはじいて雨の日は格好が悪かったです。

家に靴底修理用のゴムがあり、靴底をそれで肉盛りしてみたところ水をはじかないようでしたので塗ってみました。最初は付属のヘラでちょこちょことやってたのですが途中からは指で擦りこみました。指でやるほうがきれいにできます。結果、色が灰色がかっててやっぱりちょっと目立つかも・・・・
けどチューブレスタイヤの場合はこんな状態になったら交換したほうが良いのでしょうが、なんせ中にチューブが入ってますのでタイヤの表面のヒビくらいならこれで十分でしょう。
画像←が黒ゴム接着剤、→が靴底補修材
IMG_20160326_170727.jpgIMG_20170403_170359.jpg

posted by 大前伍長 at 19:30 | ハノイ | Comment(2) | TrackBack(0) | 原付・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
私もヤフオクで買ったリトルカブのタイヤが1年も経たずにヒビが入ってきたので参考になります。
その後ヒビの具合は如何でしょうか?
Posted by とし at 2018年06月24日 08:36
今中華カブに乗り換えますが、中国タイヤはひび入らないですね

> としさん
>
> 初めまして。
> 私もヤフオクで買ったリトルカブのタイヤが1年も経たずにヒビが入ってきたので参考になります。
> その後ヒビの具合は如何でしょうか?
Posted by 大前伍長 at 2018年07月08日 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック