2017年07月15日

ISO 9001:2015は現場に合わせて運用してください?

今までのISOは認証取得のためだけに、無駄にISOの仕組みだけを作る所が多いことが問題であった。ということで2015年度版は現場のシステムに組み込みやすいようにしました!ってなってるけど、これは罠な。
現場での実際の運用が前提になったわけ。ということは、リスクマネジメントやらプロセスのインプット、アウトプットやらより細かに要求してくることも実際に運用していないと認証取得できないということですよ。要求事項側を解釈改憲して現場に適用させるということは、難しい。審査機関が柔軟に対応できる気がしない。むしろ、柔軟に対応する気も無いだろう。結局無理をして現場側をISOに合わせてねじ曲げるしかない。膨大な記録、文章を作って作業性を大幅に損ねることになる。
難しい、ややこしい仕組みにする事で認証取得を難しくする、審査機関並びにISO制定機関の権威が高まる。
審査員様!ってなるよね。
posted by 大前伍長 at 14:27 | ハノイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック