2017年08月03日

割安な買い物

物の価値とは何で決まるのでしょうか。価格は供給と需要の割合で決まりますが、需要はその物への買う側の価値観できまりますね。
性能の悪い掃除機は安くしか売れないが、性能の良い壊れにくい掃除機は高くても売れる。

物が潜在的に価格以上の価値を持っているということがあります。それを買ったとき、購入者は良い買い物をしたと思うでしょう。
わしは今とても良い買い物をしました。
古本です。51円で買いました。今はもうちょっと高くなっていますが。

この本に書かれていることを頭に詰め込んで活用したならばいったいどれだけの価値を作り出すことができるでしょうか。
新品の価格で買ったとしても高いとは思いません。


と、わしがこの本をここに貼っつけたのは単に例としてであって、他にも不当な安値を付けられた良書が古本市場(ふるほんしじょう、いちば限定じゃないよ!)には溢れています。

いい買い物をしたな〜。社長に読ませたいな〜
posted by 大前伍長 at 09:36 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。