2017年09月26日

スーパーカブのチェーンを交換した

中古で16万円で買った12年式の角目くんですが、走行中にチェーンがガシャンガシャンこする音がしてたんですよね。で、チェーン調整して引っ張るときつすぎる箇所が出てくる。これは片伸びしているなと思っていました。
そしてついにチェーン交換しました。前に乗っていたスーパードリームは2万km走行で一度も交換していません。ほとんど伸びませんでした。
チェーンケースを外すと、砂まみれ、錆まみれのチェーンとスプロケットがでてきました。走行距離2400kmという数字に騙されました。錆びて伸びまくったに違いない。これは樹脂パーツの劣化もおかしい。有機溶剤でもふりかけたんじゃないかという痛み方をしているし、左右ともに倒れた形跡がある。長期間雨風紫外線に晒して放置してたやつやな。販売店はネットでも評価の良いところだったのですが、残念。

チェーンを替えたら減速時のガクンガクンはなくなり、1速→2速チェンジのショックも減りました。
走行中にリアショックがきーこきーこ鳴っていたのもなくなった。なんでかな。
使ったチェーンは↓。これポン付けでいけました。
posted by 大前伍長 at 10:04 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | 原付・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。