2018年01月01日

プロセスアプローチとはなんぞや

品質管理でプロセスアプローチという言葉が出てくるが、これがどういうことを言いたいのかがよくわからない。元々東洋的な考え方ではプロセスアプローチというものは当然のことであって、個々のプロセスにのみ固執してそこを改善していくという西洋的な人向けの説明だから日本人としてはわかりにくい。

生物学的にも、プロセスアプローチという考え方は普通のことで、例えば汚れた川の水を綺麗にしようということを目標にしたとする。
川の水をきれいにするために、関連するプロセスを特定する。
・排水発生源
・排水処理
・植物や微生物による浄化作用
・植物や微生物が生息しやすい川の状態
などが思い浮かぶ。
これらの中から効果の高いところを明らかにして、そこから取り組む。もしくは同時進行する。

もし、排水が川を汚すんだから、排水処理だけを完璧に擦ればよいという考えの基に、過剰な投資をしてものすごい処理施設を作ったとしても、排水が流れ込む地点より上流の水質より綺麗になることはない。

川がコンクリート張りで生物学育ちにくい環境ならば、砂利を敷けば微生物が繁殖できる表面積を増やせるし、植物も根を張ることが出来るようになる。それと排水浄化を組合せれば効果がより出るだろう。


車やバイクの改造も同じで、一カ所だけを改造しても効果が出にくい。一カ所メインとなる部分(もっとも効果がでやすい部分)を改造したら、それに併せてほかの部分もいじってやることでより効果を発揮する。

要するに、全体的な最大効果を発揮するために、各部分(プロセス)をどう調整してやるのがよいのか考えようというのがプロセスアプローチだ。たぶん。
posted by 大前伍長 at 12:44 | ハノイ | Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。