2019年01月11日

仏の写真と津波と認知症

最近実家のベランダから見る朝焼け、夕焼けが迚綺麗でよく写真を撮っているのだが、それに関する夢を見た。

部屋から外を見ると、薄暗い海面に太陽の光の筋が黄色く伸びていた。とても綺麗だった。こんなことあるんやなと思ってスマホで写真を数枚撮った。

そしたら全部にくっきりと仏様とその周りに七福神らしき物が写っていた。これはすごい事だと母に見せた。2人ではしゃいだ。霊感のある義弟にも見せた。すげえ!と言っていた。

それから、なにかして過ごしていたが、ふと外が気になったので再びベランダから外を見た。海がいつもより黒い。そしてなにか静まり返っている。少しすると、海面が盛り上がってきた。

津波!!

え、え、どっかで地震!?

と思っているあいだに海面の盛り上がりはさらに高くなり近づいてくる。急いで家族に知らせた。

めっちゃでかい津波がきとー!!

うちは山の麓で海抜も結構あるところにあるので、被害はなさそうだが、海沿いはエラいことになるはずだった。しかも、瀬戸内海であの大きさである。

東北大丈夫かよとテレビをつけた。すでに到達しているところがあるようだ。テレビには日の出た漁港画映っていて、画面右側には津波が到達予想の日本地図(東北から北海道)が載っていた。
画面が切り替わり、南米の津波到達予測が映された。震源は太平洋。

さて、わしが先ほど撮った縁起の良い写真はなんなのかと再び義弟によく見てもらうことにした。

しかし、義弟はほかの画像ばかり見ている。過去に行ったところらしい。天狗を祀る神社やら、廃墟やら色々見ている。中にはとった記憶のない写真も多い。

そんなことより、さっき見せたやつみてくれよ。

といい、その画像を探したが無い。記憶にないものがあって、ついさっき一緒に見ている騒いだものがない。

あれ?さっきの写メない。

え?そんなのしらんで?

は?すげえって言っとったやん

しらんで?細菌やばくない?認知症ちゃうん?

そう言われてしまった。確かに記憶にない写メやら見てもどこのか思い出すのに時間がかかる写メも多かった。認知症かもしれん。

しかし、記憶にあるものが実際にないというのは認知症プラスアルファでやばいやろ。幻影か夢かだが、あの写メを撮ってから寝た記憶はない(夢の中なのでさらに寝てその夢を見るなんて難しい)。

わしそんなに年老いてしまったのか、、、


恐ろしい夢でした。
津波に関しては正夢になりませぬよう(-∧-)合掌・・・
posted by 大前伍長 at 11:31 | ハノイ 🌁 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。