2019年07月24日

参院選で思ったこと

右も左もヘイトだらけ。気分が悪くなる。
政治と関係のないところで相手を罵り合う。
思想の違う相手にレッテルを貼り付けて差別を正当化してしまう。
ヘイトスピーチってwikipediaで調べたところ

「喧嘩言葉」と同様に相手方の内部に憎悪を生み出すような言論(表現)類型と考えられており、話者(表現者)の側の憎悪感情が問題とされる。また、「憎悪と敵意に満ちた言論」、「憎悪にもとづく発言」とも解説される


だからね。そして

『知恵蔵mini』(朝日新聞出版)の2013年2月21日の版では「匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるものを誹謗・中傷、貶す、差別するなどし、さらには他人をそのように扇動する発言(書き込み)のこと」を指すとされ、インターネットにおける書き込みも「スピーチ」に含むと解説している[8]。また、それに続けて「ヘイトスピーチを行う目的は自分の表現を挑発的に押し付けること」にあり、あらゆる手法を用いて他者を低めようとし、表現に対する批判に「まともに耳を貸すことはない。」


なのだ。安倍首相の持病をばかにすることもヘイトスピーチ。
SNSを見てたらヘイトスピーチに満ち溢れとるよ。

目的達成のためには多少汚いことをしてもいいんだというのも目立ったな。

支持政党の言ってることを鵜呑みにして、違う意見には耳も貸さないって信じられないな。利用されるぞ。

メディアはついに左翼からも見放された感あるね。

posted by 大前伍長 at 03:17 | ハノイ | Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。