2012年02月08日

北京市を覆う厚いスモッグ、米大使館が「有害」との判断




ものすごいPM2.5の量ですね。この事実を受け止めて中国政府に改善の要求をしなければならないのは中国国民だが、この事実をどれだけ知らされているのだろうか。
また、日本もこれを黙って見ているわけにもいかないわけで。だって、これ風に乗って飛んできますから。黄砂と一緒に。そこで資金援助して改善させよう!ってなるのが日本外交だけど、それもおかしな話です。文句をぶーぶーと垂れ続けることです。相手が謝罪とかしつこく言ってくるように。
posted by 大前伍長 at 04:01 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

世界のサンゴ礁、2050年までに絶滅の恐れ




なんとか手を打たないと2050年までに珊瑚絶滅してしまうという。珊瑚が生態系のなかでどういう働きをしているかはよくわからないが、おそらく珊瑚が絶滅することで他の生物への影響も大きいと思う。絶滅の連鎖は避けたいところ。
人間は目の前の利益にとらわれすぎて、環境を省みずに開発を続けてけしからんと思う。
posted by 大前伍長 at 20:10 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする