2017年12月07日

2017年12月06日のつぶやき






posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

2017年12月05日のつぶやき






posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

教養と考える力

日本においては広く浅い知識よりも、狭く深い専門的知識が重視されがちだ。広い知識はのある人は教養のある人と言われる。教養は幅広い理解や創造を生み出す手助けとなる。判断力にも影響するだろう。

教養のある人は脳内での知識の整理、分析、統合を行い、多くの場面で的確な判断を下し、知識の新たな結びつきによって創造も行う。新たな知識を得るときも、その豊富な知識との共通点を素早く見つけ出し効率的に吸収することが出来る。

組織において、役職が上がるほど教養が必要とされる。下っ端のときは専門の知識を深めていけばそれなりに仕事はこなせるかもしれないが、上に上がれば部下を統率し、育て、的確な状況判断をする必要が出てくる。

他部署を統括する身分まで上がると、統括する全部署の知識をある程度持っている必要が当然出てくるし、より広い、大局的な視点で事態に対処していく必要も出てくる。

教養というものは幅広い学問や文化の総合的な知識量とその活用度である。各分野の知識を一つの点とするならば、教養とはその点の総合のことであり、点の数が多くて密度が高いほど点と点を結ぶ線ができやすくなる。脳神経回路と似たようなもので、点と点ががつながる経路が多くなればなるほどそこから生まれる発想は多くなる。足し算ではなくて掛け算だ。

詰め込み教育は良くないと言うけれど、知識を詰め込めば詰め込むほど新たな発想に結びつきやすくなる。であるから、詰め込み教育はいけないと言って、覚える量を減らして考える時間を増やすという方針はうまくいくはずもない。詰め込んだ上で、その知識をどう使うのかという方法を教えなければならない。

知識をどう使うのか。たとえば、ビジネスマンのAとBがいたとする。
Aは自己啓発のためにビジネスのハウツー本を書い、Bは孫子の兵法を買った。
ハウツー本はビジネスの現場のことをそのまま書いてあるので、参考にはなるが、そこから広がりがない。
対して孫子の兵法は、状況判断やどう戦えばよいのかなど、より漠然としたことが書かれている。それでも、例えば「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉を読んで、敵は市場か、はたまた競合他社か。己は自分のことか、自社のことか。考えながら読む人は活用ができていると思う。たぶんすごい人はこれよりもっと活用するはず。
「百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。」
このフレーズを読んで何を考えますか。
例えば、組織内の対立をいかに収めるか。対立せずに組織のまとまりを得るのが最善ということだろう。それではどうしたら対立が生まれずにまとめることが出来るのか。
とか
戦わずに業界で生き残るということはできるのだろうか。そもそも自分の置かれた状況で戦いとはなんだろうか。

とにかくいろいろ考えると思います。ビジネスハウツー本は一つの章が一つの事柄に大きく役立つかもしれない。でも、兵法書とか歴史書などは、一つのフレーズが幾つものケースについて考える機会を与えてくれる。

Aさんは短期的には業績が上がるかもしれない。けど、その本以上のことはなかなか身に着けられないだろう。
Bさんは、業務の一個一個のハウツーはなかなか身につかないかもしれないが、ある状況に直面すると「これは孫氏のあそこの部分にあてはまるんじゃないかな」と考える機会を得る。孫氏を参考に自分で解決の方法を考え出すだろう。

なにがいいたかったのかというと、直接関係のないような事柄でも、自分の置かれている立場に当てはめて考えてみる、もしくは、この技術は私にとって有用ではないだろうかまず考えてみる。そういうのって大切なんじゃないですかねって話。そのためにはいっぱい知識があったほうが良いですよっていう話。

とかく一つの分野を掘り下げて専門性を増していくという方向性ばかりが重要視されているような気がしているのでこれを書いた。

これを読んでて教養って大事だなって思ったわけですよ。

なんかまとまってない気がするけどまあいいや。
posted by 大前伍長 at 21:13 | ハノイ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日のつぶやき








posted by 大前伍長 at 09:01 | ハノイ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

FREETEL 民事再生法申請

先日FREETEL雷神に機種変更しましたが、FREETELが民事再生法申請しましたね・・・

なんかSIM事業を楽天モバイルが引き継いだってお知らせが来て、端末だけでやっていくのか〜と思っていたらこれでした。
コスパ良かったのになー。

ちなみに、今日届いたメールでは

「FREETEL SIM」などの通信サービスご契約中のお客様におかれましては、これまで
と同様にご利用頂けますのでご安心ください。サービスの提供内容及び料金、
適用中のキャンペーン等に変更はございません。(お客様での手続き・設定変更は
必要ございません。)

【楽天提供サービス】
・FREETEL SIM(使った分だけ安心プラン、定額プラン)
※プレミアムバリュープラン 、スマートコミコミ、スマートコミコミ+にセット
のFREETEL SIMも含まれます。
・YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL
・ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL
・FREETEL SIMに付帯するオプションサービス(つながる端末補償 by FREETEL)
・FREETEL SIMに付帯するオプションサービス(FREETELでんわ だれでもカケホーダ
イ、FREETELあんしんセキュリティパック、データ復旧サービス for FREETEL)
※2017年10月31日以前のご契約者様

となっているので、入っていた人の保証は継続されるのかな。
posted by 大前伍長 at 23:31 | ハノイ | Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする